宮崎県のUターン就職とは?メリットや補助金、注意点を紹介します!

宮崎県のUターン就職とは?メリットや補助金、注意点を紹介します!

「宮崎県にUターン就職したいけれど、どんな場所かわからず不安」

「宮崎県に移住したいけれど、お金に不安があるので補助金や助成金が知りたい」

そうお悩みではないでしょうか。

宮崎県はUターン就職先として人気が高い地域です。海も山も近く、子育てもしやすい環境のため、単身でも家族でも移住先として人気があります。

しかし、実際にどんな地域かわからないと不安に思う人も多いでしょう。この記事では宮崎県がどんな地域か、補助金や助成金、移住の流れやUターン就職のポイントについて解説します

この記事を読めば、宮崎県の情報が詳しくわかり、移住先として宮崎県が合っているのかどうか、判断できるでしょう。

宮崎県のUターン就職について

宮崎県がどんな土地なのか、どんな環境なのか、今一つわからない人も多いのではないでしょうか。

宮崎県は海や山に恵まれ、子育てもしやすい環境が整っています。そのため、移住先として検討している人も多いのではないでしょうか。ここでは実際に宮崎県がどんな土地なのか、移住者数はどうなっているか、紹介します。

宮崎県ってどんな土地?

宮崎県は海と山の両方に恵まれた土地であることが特徴です。東には、日向灘があり、西には九州山地や霧島連山があります。

そのため、山で登山、トレッキング、キャンプ、パラグライダー、海ではサーフィン、釣り、ダイビングなど自然環境を生かした遊びがしやすいことが特徴です。そのため海や山に関わる趣味がある人には特におすすめできるでしょう。

自然に囲まれた環境でありながら、平成23年の総務省の統計で、県内での通勤・通学時間の平均は19分と仕事場へのアクセスが良好な場所も豊富です。

自然豊かな環境のため、山の幸や海の幸も新鮮な物が楽しめます。自然環境が身近だからこその園芸を初めて見るのもおすすめです。

県全体で子育てがしやすい環境づくりに取り組んでいます。平成25年共立総合研究所が発表している「いい子どもが育つ」都道府県ランキングでは2連続で1位を取得するほど。

厚生労働省が25年に発表したデータでは待機児童も0の実績があります。地域の子供会やスポーツ少年団の活動も活発なため、子どもも馴染みやすいでしょう。

https://twitter.com/blue_1013/status/1300253515864879104?s=20

こちらは宮崎県に移住したばかりの人のTwitterです。家賃が安く、7.7万円でもかなりよい住宅に住めるようですね。

宮崎県は幸福度1位と移住先として高い人気があることがわかります。

どんな職種が多いのか

宮崎県は移住先として人気が高い場所です。そのため、求人の件数も多くマイナビ就職でUターン、Iターン歓迎の仕事が674件もの募集がありました(2020年8月31日時点)。販売員や建築の仕事もありますが、総合職や営業職なども仕事も少なくありません。

UターンIターンを歓迎する会社も多く、職種の選択の幅は非常に広いと言えます

賃金の目安

都会と比べると賃金が安いのではないかと不安に思う人も多いのではないでしょうか。都会ほど仕事は多くはないでしょう。しかし、就職して初年度で年収500万円以上稼げる仕事も少なくありません。

また宮崎県は東京都などと比べると生活コストが安いため、年収が少々下がっても金銭面で余裕ができるケースもあるでしょう。

主な交通手段

田舎で生活するとなると交通手段で困るのではないか、そう不安に思う人も多いでしょう。しかし、宮崎空港があるため、宮崎から主要都市などへのアクセスは悪くありません。成田空港から宮崎空港まで90分ほどで到着し、便数も19往復ほどあります。

また、田舎で生活する上では車は欠かせません。バスなど公共交通機関もありますが、車が必要になる場面は多いでしょう。

宮崎県へUターン就職の助成金について

宮崎からUターン就職する場合に助成金も出ます。Uターン就職をする場合、何かと出費も多いですが、補助金を利用することで、無理なく新生活が始められるでしょう。

宮崎県以外の場所に5年以上住んでおり、宮崎県にUターン就職していれば利用できるのが、宮崎県移住支援金制度です。

この制度では単身者の場合で60万円、2人以上の家族の場合で100万円支給されます。この制度を利用するためには、具体的な条件は以下の通りです。

  • 転入前の10年間で宮崎県以外の場所で通算5年以上生活していること
  • 令和元年7月22日以降に転入していること
  • 宮崎県内で条件を満たした上で、就職または起業すること


また就職や起業に条件があるため、注意しましょう。具体的には以下のいずれかを満たしていることです。

  • ふるさと宮崎人材バンクに掲載されている
  • 宮崎県内で農林漁業関連、または医療福祉事業の仕事に就くこと
  • 事業承継や地域コミュニティに関係する起業をすること

これらのうちのどれかを満たしていなければ、申請できないため、注意しましょう。 

宮崎県へUターン就職の補助金について

宮崎県へのUターン就職について利用できる補助金もいくつかあります。本格的に宮崎県で生活する場合、住宅を建てたい人も多いでしょう。Uターンして新規で事業を起こしたい人もいるかもしれません。

住宅や家賃関係で利用できる補助金としては以下の物があります。

  • 宮崎市まちなか地域モデル事業
  • 青島地域モデル事業
  • 新築住宅補助

また仕事や起業についての補助金もあります。具体的には以下の通りです。

  • 創業者及び移住創業者支援事業補助金
  • まちなか空き店舗支援
  • 農業次世代人材投資事業(経営開始型)
  • 農業後継者育成支援事業
  • 就農者中古ハウス再利用支援事業
  • 新規就農者生産基盤整備支援事業

特に農業関連で利用できる補助金は多く、飲食店などの経営を行いたい人への補助金もあります。自分の目的に合わせて必要な補助金を使えば、Uターン就職を効率的に進められるのではないでしょうか。

宮崎県へUターン就職のメリットや注意点

宮崎県はUターン就職先として人気が高い場所です。それは宮崎県は他の場所にはないメリットがあることが大きいでしょう。具体的には以下のメリットです。

  • 通勤時間が短い
  • 物価が安い
  • 子どもを育てやすい

通勤時間が短い

宮崎県はコンパクトシティ化が進んでいます。県内での通勤・通学時間の平均は総務省の統計で19分と非常に通勤時間が短いことが特徴です。

そのため、移動時間がほとんどなく、その時間を別の時間にあてられます。趣味や勉強に使える時間が多く、時間に余裕がある生活ができるでしょう。

物価が安い

宮崎県は物価が安いことも特徴です。家賃も安いことが多く、平成25年の「平均消費者物価地域差指数(総合)」でも1位を取っています。

スーパーなどで買い物に行くと、東京などの都市と比べるとあまりにも物価が安いため、驚く人も多いようです。宮崎の地鶏やマンゴーなど美味しいものもたくさんあります。食べるのが好きな方や子どものいる家庭にはありがたい環境です。

子どもを育てやすい

宮崎の魅力は子どもを育てやすい環境だということです。就学前の子どもと保護者で利用できる地域子育て支援センターが市内に35カ所あります。

「ファミリー・サポート・センターみやざき」で子育ての手助けを求める人と協力したい人のマッチングできるため、一人で悩まずに済むでしょう。

そのような土地柄が影響しているのかどうか、わかりませんが、温かい人が多いという声もあります。

ここは押さえておきたい!宮崎県へのUターン就職のポイント

宮崎にUターン就職するときには事前に準備しておきたいことがいくつかあります。これらのポイントを踏まえておけば、後悔ないUターン就職がしやすくなるでしょう。ここでは宮崎県への就職のポイントについて解説します。

就職のポイント

Uターン就職をするときには、事前リサーチが重要です。宮崎の会社でも、就職する会社の給料や労働時間、会社の場所によって実際の働き方のスタイルは大きく変わります。

そのため、まずは就職先を決めてしまうのがおすすめです。転職先を決めれば、住む場所などを無理なく決められます。

実際に宮崎県に住み始めてから就職活動をすると、出費がかさみ余裕がなくなるため、あまりおすすめできません。余裕がなくなることで、就職に失敗すると、理想の生活から遠く離れてしまう可能性もあります。Uターン就職に失敗して都会に戻る事例も少なくありません。

時間があるのであれば、実際に体験移住するのもよいでしょう。特に田舎暮らしに馴染みがない人の場合、都会と生活の流れが大きく変わります。車は生活で重要ですし、ご近所付き合いなど田舎特有の問題が起きるかもしれません。

妻子がいる場合は家族の同意を得ることも重要です。自分だけの問題ではなく、家族の生活スタイルも大きく変わります。いざ就職が決まった段階で家族から反対されることもありえるでしょう。

移住までの流れ

実際に移住を決めるまでの流れがよくわからず、不安に思う人もいるでしょう。移住を決めるまでには、大まかに以下の手順で行います。

  • 情報収集・相談
  • 体験
  • 仕事・住居を決める
  • 移住

移住を決める前に、移住する目的にあっているかどうか、情報収集し場所を選びます。候補地が見つかったら、自治体に相談してみましょう。自治体では、移住相談会やセミナーなどが開催されているため、リアルな声が聞けます。

移住体験をして、移住先が決まったら、実際に仕事や住む家を決めましょう。無理なく生活するためにはまず仕事を決めてしまうのがおすすめです。仕事を決めてから移住することで、無理なく移住生活が始められます。

移住したら近隣へのあいさつはしておきましょう。あいさつをしておくことで、近隣の人と仲良くなり、その後の生活がスムーズに進められます。

まとめ

この記事では宮崎県のUターン就職をしたいと考えている人にむけて、宮崎県の情報や、仕事や助成金、補助金について、無理なく宮崎県への移住生活を始めるためのポイントについて解説しました。

宮崎県は自然が豊かなだけではなく、移住を積極的に促しており、子育てもしやすい環境です。温かい気候で、物価も安いため田舎の中でも生活がしやすいでしょう。しかし、目的をしっかりと定めてから検討しないと、失敗する可能性もあります。

この記事を参考に宮崎県へのUターン就職を成功させ、快適な新生活を過ごす参考にしてください。

宮崎県のUターン就職情報カテゴリの最新記事