Uターン・Iターン・Jターンとは?メリット・デメリットや違いを解説!

Uターン・Iターン・Jターンとは?メリット・デメリットや違いを解説!

コロナが流行して働き方が変わった現在、自身の生き方・働き方を振り返って考え直している方は多いと思います。

これからの働き方について考えている際に『Uターン』・『Iターン』・『Jターン』や『UIターン』という言葉をよく見かける方もいると思います。それらの意味や違い、メリットは一体何か疑問に持つ方も多いはずです。

今回は、地方移住や地方就職、地方転職が増えている中で知っておきたいUターン・Iターン・Jターンを知らない方でも分かるように徹底解説します

この記事を読めば、Uターン・Iターン・Jターンのメリット・デメリット、それぞれの違い、注意しておくべきポイントなどが丸わかりです
それでは見ていきましょう!

目次

Uターンとは?

Uターンとは「都内から生まれ育った地元に戻って働くこと」で、地元を離れた後、再び地元にUターンで戻ってくるイメージからUターンと呼ばれます。

また、Uターン転職とは地元から出た後に都内の企業に就職した人が地元にUターンして、転職することです。

Uターン就職の例

新潟県の田舎で生まれ育った人が進学や就職が理由で、東京都に進出
➡︎その後、都内から地元である新潟県に戻ること

Iターンとは?

Iターンとは、都会で生まれ育った方が、地方に移住することです。

また、Iターン転職とは都内の企業に就職した人が違う地方にIターンして、転職することです。

地方に旅行などに訪れた際、都会にはない地方特有の魅力に惹かれ、Iターンを決意する方も多いです。

特に最近は、新型コロナウイルスの影響で、リモートワークやワーケーション、ノマドワーカーなど働き方の選択肢が増えています。

居住地を伴わないため、都会に住む理由が無くなったことから、Iターンで地方への移住を検討する人もいます。

Iターン就職の例

生まれも育ちも東京都(都会)の人が沖縄(地方)の暮らしに憧れる
➡︎その後、実際に沖縄に移住すること

Jターンとは?

Jターンとは、地元に似た地方に移住することです。

似たような土地なので、生まれ育った場所と似たようなライフスタイルを実現することができます。

また、Jターン転職とは都内の企業に就職した人が地元と似た地方にJターンして、転職することです。

Iターン就職の例

山口県の田舎で生まれ育った後に進学や就職が理由で、東京都に進出
➡︎その後、山口県の山口市に移住すること

転職とUIJターン転職の違いとは?

転職の目的は、企業を変えたり、職種を変えることが多いと思います。
しかし、U・I・Jターン転職の目的は、単に企業・職種を変えるのではなく、移住して住む場所を変えるので、ワークライフバランスがより良いものになるよう選択することができます。

仕事に加えて、生活面においても大きな変化が起こるのがU・I・Jターンの特徴といえます

実は他にも多くある?他の◯ターンをを紹介!


Aターン
     
秋田県のUターン・Iターン・Jターンの名称です。「秋田出身の人・秋田出身以外の人に秋田に来てほしい」との願いを込めて、オールターン(All turn)のと秋田(Akita)の”A”をかけた言葉です。
CターンCターンの”C”は「Child」の”C”で、子どもが成長しやすい環境や育児しやすい環境を求めて縁もゆかりもない地方に移住することです。
Dターンパートナーである旦那の都合で住み慣れた土地から離れて移住すること。旦那の”D”からきています。
Eターン起業するために地方に行くこと。Entrepreneurial turn(起業型移住)の略称です。
Fターン福島(Fukushima)の”F”から来ており、福島県へのUターン・Iターン・Jターンの総称です。
Gターン群馬(Gunma)の”G”から来ており、群馬県へのUターン・Iターン・Jターンの総称です。
HAPPYターン新潟県新潟市へのUターン・Iターン・Jターンの総称です。
Kターン岩手県久慈市へのUターン・Iターン・Jターンの総称です。
Mターン価値観の多様化ややりがいのある仕事を求めて地方移住することです。Mission(ミッション)の”M”が由来となっています。
Nターン進学・就職・結婚・子育てなど、その時の自身や家族状況によって移住すること。また、長野(Nagano)へのUターン・Iターン・Jターンの総称もNターンです。
OターンUターンやIターンなどで地方に移住したものの、何かしらの理由で都会に再度移住することです。
Rターン自分の起源(ルーツ=Roots)の地域・土地に移住することです。
SターンStep up(ステップアップ)の頭文字であるSを取って名付けれらたのがSターンです。起業・開業を行うためにそれに適した地域に移住すること。
Vターン生まれ育った地元から進学や就職が理由で都内に進出した後に生まれ育った地元ではない土地で働くこと。
都会や故郷よりも住みたいと思う場所を見つけた人や都会でも地元でも暮らしたくない人にオススメです。
XターンXターンとは、故郷(地元)を中心拠点に地方に移住したり戻ったりすること。
多拠点居住みたいなもので、パソコンやスマホなどがあれば仕事ができるフリーの人向けです。
YターンDターンのお嫁さんバージョンです。パートナーである嫁の都合で住み慣れた土地から離れて移住すること。
嫁の”Y”からきています。
YYターン山口県へのUターン・Iターン・Jターンの総称です。「山口」のY、「わいわい楽しい暮らし」のYを組み合わせたのが由来です。
Zターン物理的に移動したり向きを変えるわけではなく、生き方をターン(転回)することがZターンです。「Zero」のZから来ています。都会で田舎のような生活を実現しようとするものです。

どんな人が地方に行く?UIJターンにオススメな人の特徴!

実際にどんな人がUターン・Iターン・Jターンなどで地方に行くのでしょうか。地方に行くのがオススメな人の特徴を紹介します!

  • 自然が好きな人
  • 食べることが好きな人
  • 都内の暮らしから抜け出したいと思う人
  • 子育てしやすい環境を求める人
  • 自分に合った場所で過ごしたい人
  • 親の介護をする予定の人

自然が好きな人

都内ではマンションやビルが多く自然に触れる機会はなかなか無いと思います。また、都内では家から会社までの通勤の間において自然は多く無いです。

海や川、森など自然に触れることが好きな人に地方就職・地方移住が向いています。

食べることが好きな人

旅行などで地方に行く時にグルメは、楽しみの一つだと言えます。

地方就職・地方移住すると、その地ならではのグルメや採れたて新鮮な野菜や海鮮類などを毎日食べることができます

もちろん都内でも美味しいご飯は食べられますが、地方に行くと新鮮な食材を新鮮な状態で食べることができます。それに加えて、直売所や市場などで安く食材を買うこともできるので、食費も抑えられることができます。

都内の暮らしから抜け出したいと思う人

首都圏では、満員電車や交差点など人が混み合っている場所を使わないで過ごすのは難しく、通勤するだけでも一苦労です。

人混みの中で暮らすのにストレスが溜まり息苦しいと感じる方も少なくないと思います。

特に地方から都会に来て就職した人は地方と都会とのギャップの差に気疲れしてしまいやすいです。

地方就職・地方移住すると、都内のように通勤で電車を使う場所が少なく、基本的に車での通勤や移動が多いので、とてもストレスフリーです。

都内の息苦しい生活から抜け出したいと思う人は地方に行くことも選択肢の一つとして考えるのもいいかもしれません。

子育てしやすい環境を求めている人

都会での子育ては、幼稚園や保育園・学校・大学だけではなく遊ぶ場所やショッピングモールなどが多くあるので、一見子育てしやすいのではないかと思う人も多いと思います。

しかし、都市部では地方から就職する人が多く人口が溢れかえっており、保育所等利用待機児童数が2,343人(2020年)と多くの待機児童がいます。
建物が多く並んでいて道路に近い公園で遊んだり、自然が少ない中で子育てする必要があります。

それに加え、地方では地域コミュニティが狭いので近所の人が子育ての手伝いをしてくれる可能性もあります。

自然の多い環境で自由にのびのびと子供に育って欲しいと考える方は地方に移住するといいでしょう。

自分に合った場所で過ごしていきたい人

地方出身・都会出身関係なく、都会での生活に疲れた人や飽きた人、都会じゃない新境地で新しく何かチャレンジしたい人で地方移住する人が増えてきています。

都会での生活にストレスを感じ、空気が美味しく人とのコミュケーションの数が少ない地方に移住したり、都会でエンジニアをやっていた人が地方に転職して、山の土地を購入して家を自分で作ったりと自分に合った環境を獲得することが可能です。

現状に不満がある方や地方でチャレンジしたい方は地方移住・地方就職を考えてみましょう!

親の介護をする予定の人

過疎化に伴って地方には若者が少ないですが、少子高齢化の日本では高齢者が多くなっており、若者が高齢者の生活を支える必要があります。そんな中で親のみでの生活が難しくなった親が理由でUターンする人は少なくないです。

親を自分が住む都会に呼び一緒に暮らす方もいますが、地方出身の親は地方に慣れているため都会での生活は不便に感じることもあり、結果的にUターンを選択する方もいます。

20代や30代のうちは都会で働いてスキルや経歴を積み上げ、40代〜60代になったら親の介護のためにUターンするケースは多いです。

UIJターンなどで地方に行く7つのメリットとは?

地方に就職・移住するメリットは以下のものがあります。
メリットを確認して、地方移住することが自分に合っているのかを確認しましょう!

  • ワークライフバランスがより良いものになる
  • 生活にかかるお金が安くなる
  • 自然豊かな土地でのびのびと暮らせる
  • 食材が新鮮でご飯が美味しい!
  • 子育てしやすい環境
  • 人と深く関わることができる
  • ストレスが溜まらなくなる

①ワークライフバランスがより良いものになる

業種によって異なりますが、地方で就職すると長時間労働や残業などが少ないと言われています。

それに加えて、地方に住むことで、仕事以外の時間の使い方が都内にいる時よりもアクティブになったり、趣味や好きなこと、家族に時間を使えるようになります。

都内では満員電車や人が混み合っている交差点などを利用する機会が多いです。

国土交通省の東京圏における主要区間の混雑率によると、東京地下鉄における混雑率は199%を超えることもあり、輸送力が38,448人なのに対して実際に電車を利用した人数(輸送人員数)が76,388人と数値から見ても都内の電車は非常に混雑しています。その他の主要31区間を含めても平均混雑率(最混雑時間帯1時間の平均)は163%と都内の密集具合が分かります。

また、大阪20区間の平均混雑率は126%・名古屋8区間の平均混雑率は132%と100%を優に超える数値です。

地方に就職・移住することで、こういった満員電車による人混みに遭遇することが少なくなります。人混みが苦手な方にとっては大きなメリットの一つです。

②家賃や食費などの生活費が安くなる!

地方の場所によりますが、都内に比べて食費や家賃、光熱費などの生活費が安くなる可能性があります。以下の表は単身の場合の都内を含めた関東地方の生活費とUIターンが多いとされる九州・沖縄地方の生活費を比較してみます。

関東地方の生活費(単身)

 

消費
支出

食費

住居

家賃
地代

水道
光熱費

電気

ガス

交通

合計

2020年
1~3月期

172,260

41,251

17,852

15,294

12,884

6,436

3,542

4,715

274,234

2020年
4~6月期

148,161

37,999

23,087

17,433

11,799

5,621

3,527

2,100

249,727

引用:e-start

九州・沖縄地方の生活費(単身)

 

消費
支出

食費

住居

家賃
地代

水道
光熱費

電気

ガス

交通

合計

2020年
1~3月期

140,903

33,357

16,235

14,986

11,872

5,608

3,598

3,540

230,099

2020年
4~6月期

118,549

32,341

18,195

16,288

10,535

5,116

3,206

1,514

205,744

引用:e-start

表を見てもらって分かる通り、一つ一つの費用が大きく変わるわけではないですが合計を見ると4.5万円も変わることがわかります。

最低限の数値しか出していないですが、その他かかる費用を考えてみると地方に住むことで生活費を抑えることが可能です。

③自然豊かな土地でのびのびと暮らせる

都内から地方に行くと最初に驚くのが、都内ではなかなか見ることのない大きな山や目の前に広がる海、辺り一面に生茂る木々だと思います。

都内に比べて、空気が美味しく水道水でも美味しく感じます。

自然にはストレス解消の効果があるだけではなく、免疫力や記憶力を向上させる効果があるとも言われています。

自然の環境が身近にあると体だけではなく心が癒されます。こうした環境に住み、生活や仕事をすることで今よりも豊かな生活ができるかもしれません。

地方に就職・移住する際の大きなメリットの一つとして自然が身近なものになることです。

④食材が新鮮でご飯が美味しい!

清々しい空気や美味しい水、それらから作られる農作物や魚介類などの食材はお腹だけではなく、心も満たしてくれます。

その土地の市場や直売所、道の駅などで新鮮な食材を安く買うことができます。それに加えて、ご当地グルメと呼ばれる地域特有の有名な食べ物があります。

地方移住することで新鮮な食材やご当地グルメなどの食を楽しむことができます。

⑤子育てしやすい環境

UターンやIターンなど地方移住するとガラッと生活の環境は変わり、その中で都内と比べて地方における子育てする環境も大きく変わります。

都内では上記でも挙げた通り、幼稚園や保育園に入園するのは難しかったり、入園できたとしても仕事場から遠くにあったりと子育てがしづらいケースが発生する可能性があります。

一方、地方は都内よりも幼稚園や保育園に入園しやすく仕事と子育てのバランスが取りやすいです。

上記の表は、厚生労働省の令和2年4月1日の全国待機児童マップ(都道府県別)です。

表を見ると、待機児童は0人の県が以下の10県です。

  • 青森県
  • 山形県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 岐阜県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 長崎県

一方、1000人以上待機児童がいるのが以下の5県です。

  • 東京都
  • 埼玉県
  • 兵庫県
  • 福岡県
  • 沖縄県

中でも東京都の待機児童数が2343人と群を抜いて多いことがわかります。

地方に行くと待機児童がいない県もあり、入園できないというリスクがかなり低くなります。

それに加えて、地域によって制度は異なりますが、子育てを支援するための助成制度があります。

例えば、中学3年生まで入院や通院の自己負担なしだったり、健康保険各法の規定による一部負担金(保険診療分)の全額を支援してくれる制度があります。

⑥人と深く関わることができる

地方移住すると、コミュニティが都内ほど多くなく、小さいコミュニティなので人と深く関わることができます。
ご近所との関わりだけではなく、仕事における人との関係も深いものとなる可能性があり、ご近所同士や知り合い同士で助け合いが多い環境です。

その地域ならではの文化や風習があり、祭りでは町全体で盛り上がる場所もあります。
そのような行事で他の人と関わる機会が増え、人と深く関わることができます

⑦ストレスが溜まりにくくなる

人との過剰なコミュニケーションや満員電車、人が混み合っていて人間臭い社会から離れ、好きな土地で好きなように生きることでストレスが溜まりにくくなります。

ストレスが溜まらなくなることで、心に余裕ができ、今の生き方や今後の生き方をより深く考えることが可能となり、人生がより豊かなものになります。

都内では同じ趣味嗜好や考え方を持った人と付き合うことが多いと思います。
しかし、地方移住することで、自分とは全く違った趣味嗜好や考え方を持つ人と幅広く関係を築くことができます。

多様性溢れる環境で様々な考え方や文化、風習に触れ価値観を広げられます
都内では見つからなかったであろう夢や可能性を見つけるきっかけにもなります。

UIJターンで地方に行くことのデメリットとは?

地方に就職・移住するデメリットは以下のものがあります。
デメリットを地方移住する際に重きを置いているものと照らし合わせて確認しましょう。

  1. 年収が下がる可能性がある
  2. 交通手段の選択肢が狭まる
  3. 地域の文化や風習に馴染む必要がある
  4. 都内に比べ消費者行動に限度がある
  5. スキルアップする機会が少なくなるかもしれない

①年収が下がる可能性がある

厚生労働省が調査した令和元年賃金構造基本統計調査の概況(都道府県別の賃金)によると、全国計307.7千円よりも賃金が高かったのは4都府県(東京都、神奈川県、愛知県、大阪府)となっています。

その中で最も高かったのは、東京都の379.0千円で最も低かったのは青森県の239.0千円です。

また、令和元年における国税庁の民間給与実態調査によると、全国の平均年収が436万円(男性:540万円・女性:296万円)です。
そして、東京都における年収は約610万円〜620万円なので、都内から地方に就職すると年収が下がる可能性があります。

仕事においてやりがいや仕事の業務内容などの給与以外のものを優先して地方に就職や中には都内で培ったスキルを使って独立したり、スキルを使って地方でより高い年収で働くなど選択は様々です。

都内に比べ地方の平均年収は下がりますが、必ずしも現状に比べて年収下がるとは限りませんので、自身の人生や仕事において何を最優先においているのかを考えてみましょう!

②交通手段の選択肢が狭まる

地方は都内に比べて公共交通機関が充実していないです。完全に公共交通機関が動いていないというのは珍しく、本数は少ないながらもバスや電車は通っています。

ただ車を利用する機会が多く、運転免許を持っていない状態だと生活が少々難しいです。なので、将来的に地方移住したいと考えている方は時間があるときにでも運転免許を取っておくといいです。

都内の電車が数分に何本も電車が来るのに対して、地方における電車の本数は場所にもよりますが、数時間に一本という場合もありますので、注意しましょう。

③地域の文化や風習に馴染む必要がある

地方は都内と比べて伝統や文化、風習を守っているところが多いです。

文化や伝統が自分や家族が馴染めるのかが問題になります。

お祭りや地域の決まり、つながりが深い人間関係などにストレスを感じてしまったりする場合があります。なので、その地域によっての文化や風習などを事前にネットやSNSで確認しておいたり、地元の人に話を聞いておくといいでしょう。

④都内に比べ消費者行動に限度がある

地方は都内に比べて、家族や友人と休日を過ごすための映画やカラオケやアミューズメントパーク、ショッピングモールなどのレジャー施設も少ないです。

しかし、自然豊かな地方では海でサーフィンや釣りをしたり、山でキャンプやバーベキュー、ハイキングをすることができます。

夜遅くまで空いているお店で夜遅くまで遊んだり、流行り物を買いに行くことは難しいですが、地方特有の楽しみ方もあります。

どちらが自分に合っているのかを再度確認しておきましょう!

⑤スキルアップする機会が少なくなるかもしれない

都内に比べて色々な人と会う機会が少なくなります。深い交友関係を築きやすくなる反面で幅広い交友関係を築き、多種多様な人たちからの情報をインプットするのが難しくなります。

また、ビジネスにおけるイベントやセミナーだけではなく、美術館や博物館、コンサートなどが少ないです。そうした中でスキルアップする機会が少なく、物足りなく感じてしまうかもしれません。

しかし、今ではオンラインでのビジネスイベントやセミナーを開催してるので、地方であってもオンラインでの参加が可能です。
オフラインでなくても良いと考えている方には、それほど大きなデメリットではないと言えます。

UIJターンを成功させるためのポイント!

①自分に合う条件の企業や移住地を見つける!

地方就職・地方移住する際になぜ地方に行くのかを明確にし、

「海が近い地域が良い」
「地方でも都内へのアクセスが良いところがいい」
「助成制度が充実している市町村が良い」

など地方就職・地方移住する際に軸となる必要な条件を洗い出しましょう。

その上で地方移住のポータルサイト「ijuu」や地方自治体が運営しているサイトをチェックして、自分に合いそうな地域を見つけると良いです。

どこに就職して移住するのかを決める際も焦らず自分のペースで決めることが後になって後悔しないために大切です。

②家族で話し合おう!

地方就職・地方移住では、家族の同意が必要不可欠です。勝手に話を進め足りせず、家族と話し合い、地方に行った場合に家族はこれからどんな環境で生活していくのかを考えた上で就職や移住を進めていきましょう。

③地方就職・地方移住の情報を集める!

Uターンの場合は地元であるので、多少の情報を知っていると思います。しかし、上京する前と後では人やモノの環境が変わっている可能性があるので、事前に情報を調べておく必要があります。

情報収集する3つのオススメの方法を紹介します!

  1. 地方就職・地方移住のポータルサイト『ijuu』をチェックする
  2. Twitterやネットで気になる市町村のキーワードを口コミや情報記事を調べてみる
  3. 旅行や助成制度を使った就活で実際にその土地に行ってみる

上記の3つのオススメ方法で情報収集したり、その土地の人の声を聞いて実際にそこに住んだ時のイメージを明確にすることで後悔なく移住しましょう!また、移住してから就活するのではなく、就職する場所を決めてから移住することがオススメです。

まとめ

以上、この記事ではU・I・Jターンについて取り上げ、下記の項目について徹底解説しました!

  • Uターン・Iターン・Jターンとは一体何なのか
  • 他の◯ターンはどんなものがあるのか
  • 地方に行く人の特徴
  • 地方移住した時のメリット
  • 地方移住した時のデメリット
  • 地方移住を成功させるポイント

この記事を読んで、地方移住について興味を持っていただき、地方移住という選択肢もあるということを知っていただけたら幸いです。

また、ijuuでは随時地方移住に関する記事を更新しているのでチェックしていただけたらと思います!

Uターン就職情報カテゴリの最新記事